スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

複数のボタンにリスナを設定

OnClickListener の記事では、ボタンにリスナを設定してボタンを押したときの動作をプログラムしました。

もちろん、ボタンは一つではなく複数設置してそれぞれにリスナを埋め込むこともできます。

まず main.xmlですが、ボタンを一つ増やしました。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>
<TextView
android:id="@+id/textview1"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="ボタンを押してください"
/>
<Button
android:id="@+id/button1"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="ボタン 1">
</Button>
<Button
android:id="@+id/button2"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="ボタン 2">
</Button>
</LinearLayout>



package sample.basic;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.widget.Button;
import android.view.View;
import android.widget.TextView;

public class HelloAndroid extends Activity implements OnClickListener{

private Button button1;
private Button button2;

/** Called when the activity is first created. */
@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.main);

button1=(Button)findViewById(R.id.button1);
button2=(Button)findViewById(R.id.button2);

button1.setOnClickListener(this);
button2.setOnClickListener(this);
}

public void onClick(View v){
TextView textview1=(TextView)findViewById(R.id.textview1);
switch(v.getId()){
case R.id.button1:
textview1.setText("ボタン 1 が押されました。");
break;
case R.id.button2:
textview1.setText("ボタン 2 が押されました。");
break;
}
}
}


Javaファイルでは、それぞれのボタンにリスナを設定した上で、onClick()メソッドでswitch文を使ってそれぞれのボタンを押したときの動作を定義しました。

getId()メソッドは、ViewのIDを示す数値を返します。

public int getId ()

ViewのIDはRクラスで定義されています。

このように、getId()メソッドとswitch文を使うことで、複数のボタンの動作を簡潔に管理することができます。

関連記事
スポンサーサイト

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

2012-07-30 Mon 23:24:57

このコメントは管理者の承認待ちです

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://androidhacker.blog94.fc2.com/tb.php/79-1783717a
  • 閉じるボタン
レファレンス
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。