スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

Skeleton Apps を動かす

デフォルトソースを改変 では新規にプロジェクトを立ち上げて文字列を表示しましたが、今回はAndroid SDK のサンプルアプリのSkeleton Apps を動かしてみます。

[新規]→[その他]→[Android Projct]と進みます。以前学んだ新規プロジェクトの手順と同じです。

20110503_1


New Android Project の画面の設定は以下のとおりです。

20110503_3


Hello, Android のときと違うのは、Contentsに「Create project from existing source」を選択したことです。できあいのサンプルを使うのでこちらになります。

Locationは深い場所にあります。

20110503_2

完了ボタンを押すと完成です。パッケージ・エクスプローラにSkeletonAppsプロジェクトができあがっているはずです。


実行は、Hello, Androidのときはソースファイルを開いた状態でツールバーの実行ボタンから行いましたが、今回はソースファイルを開いていないので、パッケージ・エクスプローラから行います。

SkeletonApps→実行→Android Application

20110503_4


エミュレータが立ち上がります。

20110503_5


MENUボタンを押すとアプリが表示されます。

20110503_6


キーボードで文字を入力でき、Clearボタンを押すとテキストが消去されます。

他愛もないアプリですが、操作に慣れるということでいろいろいじってみてください。

関連記事
スポンサーサイト

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://androidhacker.blog94.fc2.com/tb.php/6-882fb0cb
  • 閉じるボタン
レファレンス
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。