スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

FirefoxのDB最適化

Androidとは関係のない話題ですが、SQLite Managerに慣れるために、Firefoxのデータベースを最適化してみましょう。

Firefoxには、履歴とブックマークを保存するplaces.sqliteというデータベースファイルがあり、これが肥大化するとブラウザの動作が遅くなります。

これらのデータの最適化を行うことにより、データの読出しや更新をスムーズに行えるようになります。

行うのは、VACUUMとREINDEXという2つの作業です。

VACUUMとは、データベースから不用なデータを削除した後に出来る隙間を埋めてコンパクト化することで、REINDEXはINDEXの再構築です。要するに、両者でデータの整理整頓を行います。


まずはVACUUMです。

20110918_1
SQLite Managerを開き、「プロファイルデータベースを選択」プルダウンメニューから「places.sqlite」を選び「移動」ボタンを押します。


20110918_2
SQL文入力欄に「vacuum」と入力して「SQLを実行」ボタンを押します。


20110918_3
エラーメッセージが出なければ成功です。


次にREINDEXです。

メニューバーの インデックス→インデックスを再インデックス と進み、確認メッセージでOKすればREINDEX終了です。


ところで、Windows XPでは、ユーザーデータのあるプロファイルフォルダは以下の場所にあります。

C:\Documents and Settings\<ユーザ名>\Application Data\Mozilla\Firefox\Profiles\<profile folder>

"<profile folder>" の部分は "8文字のランダム名.プロファイル名"となります。

実は、Application Dataフォルダには隠し属性がついていて、これを解除しないとアクセスできないようになっています。

エクスプローラの「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」→「詳細設定」の「すべてのファイルとフォルダを表示する」をチェックすることによりエクスプローラ上で表示できるようになります。

関連記事
スポンサーサイト

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://androidhacker.blog94.fc2.com/tb.php/56-f2274c69
  • 閉じるボタン
レファレンス
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。