スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

元の画面に戻る

Intentによる画面遷移 の記事では、ボタンをクリックすると別画面に遷移するアプリを作成しました。

今回は、遷移後の画面から遷移前の画面に戻れるようにします。

新たにsub.xmlというSubActivityのレイアウトを担当するファイルを作成し、SubActivity.java と strings.xml に変更を加えます。

まず、res→layoutフォルダにsub.xmlを新規作成します。

20110802_1


レイアウト的には、TextViewとButtonがあるだけのシンプルなものなので、ボタンを設置 の記事で作成したXMLファイルのコードをコピーして部分的に変更すればいいと思います。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>
<TextView
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/subactivity"
/>
<Button
android:id="@+id/button2"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:layout_gravity="center"
android:text="@string/buttonback" >
</Button>
</LinearLayout>


TextViewに表示するテキストは「This is SubActivity!」、HelloAndroid画面に戻るためのボタンには「Back」と表示するため、strings.xml に定義します。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
<string name="app_name">HelloAndroid</string>
<string name="pleaseinput">入力してください。</string>
<string name="buttonclick">Click</string>
<string name="hinttext">ここに入力</string>
<string name="subactivity">This is SubActivity!</string>
<string name="buttonback">Back</string>
</resources>


最後に、SubActivity.javaに変更を加えます。

package sample.basic;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.widget.Button;
import android.view.View;

public class SubActivity extends Activity {

/** Called when the activity is first created. */
@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.sub);

Button button2=(Button)findViewById(R.id.button2);
button2.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {

@Override
public void onClick(View v) {
// TODO Auto-generated method stub
finish();
}
});
}
}


OnClickListenerインタフェースにより、ボタンをクリックするとfinish()メソッドを実行するようにしました。

finish()メソッドは、Activityを終了させるのに使用します。感覚としては「戻る」ですが、そういうときにアンドロイドではfinish()メソッドを使います。

では実行します。

20110801_1
HelloAndroidの画面。


20110803_1
SubActivityに遷移。


20110801_1
BackボタンでHelloAndroidに戻りました。

関連記事
スポンサーサイト

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://androidhacker.blog94.fc2.com/tb.php/28-9bedb797
  • 閉じるボタン
レファレンス
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。