スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

AlertDialogを表示

EditTextを追加 の記事では、EditTextに入力した文字列をTextViewで表示することを学びました。

今回は、EditTextに入力した文字列をAlertDialogで表示します。

AlertDialogとは、PCのブラウザで小さなウインドウで不快な警告音とともに警告メッセージが現れますね。そのAndroid版です。

AlertDialogでは、リスト表示ができたり、機能の異なるボタンが複数配置できるなどかなり高機能です。今回は導入的な事項しか書きませんが、使いこなせると一段上のアプリケーションができるでしょう。

それでは、さっそくソースを書きます。

main.xml(変更なし)
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>
<TextView
android:id="@+id/textview1"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/pleaseinput"
/>
<EditText
android:id="@+id/edittext1"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="wrap_content">
</EditText>
<Button
android:id="@+id/button1"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/buttonclick"
android:layout_gravity="center">
</Button>
</LinearLayout>



strings.xml(変更なし)
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
<string name="app_name">HelloAndroid</string>
<string name="pleaseinput">入力してください。</string>
<string name="buttonclick">Click</string>
</resources>



HelloAndroid.java
package sample.basic;

import android.app.Activity;
import android.os.Bundle;
import android.view.View.OnClickListener;
import android.widget.Button;
import android.view.View;
import android.widget.EditText;
import android.text.Editable;
import android.app.AlertDialog;

public class HelloAndroid extends Activity implements OnClickListener{

private Button button1;

/** Called when the activity is first created. */
@Override
public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
super.onCreate(savedInstanceState);
setContentView(R.layout.main);

button1=(Button)findViewById(R.id.button1);
button1.setOnClickListener(this);
}

public void onClick(View v){
EditText edittext1=(EditText)findViewById(R.id.edittext1);
Editable input=edittext1.getText();
AlertDialog.Builder adb=new AlertDialog.Builder(this);
adb.setTitle("Title Test");
adb.setMessage(input+"と入力されました。");
adb.setPositiveButton("OK", null);
adb.setCancelable(false);
adb.show();
}
}


まずは、android.app.AlertDialog のインポートが必要です。あとは、onClick()メソッドの中身を書き換えます。

onClick()メソッドにおいては、AlertDialog クラスのサブクラスである AlertDialog.Builder クラスのインスタンスを作成します。

AlertDialog.Builder adb=new AlertDialog.Builder(this);



次に、AlertDialogの中身を作ります。タイトルは setTitle()メソッド、メッセージは setMessage()メソッド、OKボタンを作るときは setPositiveButton()メソッドです。

setPositiveButton()メソッドの第二引数が null としているのは、ここにボタンを押したときの処理を指定するのですが、ここでは何も指定しないからです。

setCancelable()メソッドは、ユーザーが戻るボタンを使ってダイアログを閉じることができるかどうか設定します。デフォルトはtrueですが、必ずボタンを押してもらいたいときはfalseにします。

実行します。

20110723_1

OKボタンを押すと元の入力画面に戻ります。

関連記事
スポンサーサイト

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://androidhacker.blog94.fc2.com/tb.php/21-a1879668
  • 閉じるボタン
レファレンス
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。