スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ヒントを表示

EditTextを追加 の記事において、ユーザーが入力できる部品EditTextを導入しましたが、EditTextに初期値があるほうが親切なことが多いと思います。

Webでも、テキストボックスに初めから文字列が入力されていて、クリックすると消える仕掛けはよく見かけますよね。

Androidでは、この仕掛けはヒントという仕組みを使います。

EditTextを追加 の記事のソースのうち、main.xmlとstrings.xmlを少し変更します。

まずはmain.xmlから。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
android:orientation="vertical"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="fill_parent"
>
<TextView
android:id="@+id/textview1"
android:layout_width="fill_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/pleaseinput"
/>
<EditText
android:id="@+id/edittext1"
android:layout_width="match_parent"
android:layout_height="wrap_content"
android:hint="@string/hinttext" >
</EditText>
<Button
android:id="@+id/button1"
android:layout_width="wrap_content"
android:layout_height="wrap_content"
android:text="@string/buttonclick"
android:layout_gravity="center">
</Button>
</LinearLayout>


EditTextタグの中に、

android:hint="@string/hinttext"

の一行を入れました。

あとは、strings.xmlにてhinttextを定義するだけです。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
<string name="hello">Hello World, HelloAndroid!</string>
<string name="app_name">HelloAndroid</string>
<string name="pleaseinput">入力してください。</string>
<string name="buttonclick">Click</string>
<string name="hinttext">ここに入力</string>
</resources>


では実行します。

20110717_3
「ここに入力」というヒントです。

20110717_4
何か入力すると自動で消えます。

20110717_5

関連記事
スポンサーサイト

タグ :

   印刷ボタン       この記事に拍手する       このエントリーをはてなブックマークに追加

Return to page top

Comments:

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback:

TrackBack URL for this entry
http://androidhacker.blog94.fc2.com/tb.php/19-2bc253c2
  • 閉じるボタン
レファレンス
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。